2010年03月06日

船形山の遭難グループ「3人とも元気」 宮城県警、200人態勢で捜索再開(産経新聞)

 宮城、山形県境の船形山(1500メートル)で1日、宮城県内の男女3人グループが遭難した事故で、3日午前6時すぎ、グループの1人からの110番通報が山形県警に入り、「3人とも元気でいる。吹雪になっていて場所がわからない」と伝えた。宮城県警は200人態勢で捜索を再開し、3人が県境を越えて山形県内に移動した可能性もあるとみて、範囲を広げて発見を急いでいる。

 大和署によると、遭難しているのは、いずれも無職で、仙台市泉区、庭野勲夫さん(70)▽同、田中義宗さん(73)▽宮城県多賀城市、佐野千枝子さん(63)の計3人。

 庭野さんらは1日朝に入山し、同日午後5時ごろ、家族に「下山途中に道に迷った」と電話で連絡。2日にも「雪に穴を掘って過ごした」などと無事を知らせる電話があったが、同日午後2時ごろ、佐野さんの夫に「今日も帰れない」というメールが届いてから連絡が途絶えていた。

 携帯電話の電波状況などから標高1200〜1400メートル付近にいるとみられるが、霧が濃く、積雪が数メートルに達するなどしているため、捜索は難航している。

【関連記事】
宮城・船形山遭難グループの捜索開始
宮城・船形山で男女4人が遭難「体調問題ない」
埼玉の山スキー客が遭難 山形・蔵王山で
山スキーで遭難の2人救助 滋賀・土蔵岳
山の安全願い滝行 富山県警の山岳警備隊

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)
障害福祉従事者、7000円増=報酬改定後の平均給与−厚労省(時事通信)
【Web】奈良県民はネット犯罪に強い?(産経新聞)
<普天間移設>ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
posted by アリガ ケンジ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。