2010年02月07日

国宝の薬師寺東塔、屋根下の木材など損傷(産経新聞)

 約1世紀ぶりの解体修理に向けた調査が行われている薬師寺(奈良市)の東塔(国宝)の劣化状況が1日、報道陣に公開された。各層の屋根下に組まれた木材などが激しく傷んでいる様子が明らかになった。

 東塔は高さ約34メートルの三重塔で各層に裳階(もこし)と呼ばれる飾り屋根が付いている。これまでに塔を貫く心柱が空洞化するなどの劣化が判明しており、県文化財保存事務所が足場を設置して現況調査を進めている。

 塔外側では屋根板を支える「垂木(たるき)」などの木材が風雪で欠けたり腐食したりし、高欄(柵)にも損傷が見つかった。塔頂部の飾り「相輪」では当初約80個あったとみられる風鐸(風鈴)はなく、銅製の軸部には人名など複数の落書きがあることも分かった。

 県文化財保存事務所は今後、部材や劣化状況を調べ、3月に足場を解体。秋から覆い屋を設け、本格的修理に着手する。平成23年夏ごろから解体される方針。

【関連記事】
チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展、2日開幕
阿修羅さまは休暇中 「興福寺国宝館」がリニューアル閉館中
奈良・薬師寺東塔の彩色文様を現況調査 剥落止めで保存へ
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練
「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー

木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)
御堂筋線、箕面延伸2.5キロで450億円 実現へ市が説明会(産経新聞)
小沢氏、米要人と2日に会談=普天間問題で意見交換(時事通信)
朝青龍関 警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
山崎拓氏、国政復帰は困難に…引退は否定(読売新聞)
posted by アリガ ケンジ at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。